近藤悠三 柘榴赤地金彩瓢瓶

高さ20.2cm 胴径8.8cm

¥250,000

近藤悠三先生が国から重要無形文化財保持者
(人間国宝)に認定を受けてからの作品です。

「金を使って、金に負けない。」の意思を持って、
筆に純金をたっぷりと含ませて筆致を意図して絵付けしています。

更に竹箆で金を削ぎ落し迫力を添えています。