清水比庵 茶碗 寿

口径13.0cm 高さ8.0cm

¥50,000


「壽 年々によき年なれと祈りつつ
 拾いし年のつもりたるかも 比庵」


清水比庵先生は歌会始に歌召人に選ばれた歌人です。 この茶碗は知人でその屋敷内に窯を築いて作陶していた金田盛太郎さんの元で作成したものです。


鉄釉薬を全体に施したものに、箆で歌を書き込み、その上から白釉薬を埋め込み制作しています。

毎年、好い年であってほしいもだと想いながら、過ごしてきたが、年を重ねたことだなぁと述解しています。