金重陶陽 備前酒吞 手描き分銅印

口径6.2㎝*6.3cm 高さ3.3cm

¥78,000

人間国宝・金重陶陽先生が昭和3年がら昭和6年の間に使用した手描きによる分銅印の陶印時代の作品。

当時30歳代前半の頃です。

口当りが佳く、酒のみの陶工の造った酒器と感じる品です。

全体に黒っぽい窯変です。

高台は茶入の如く糸切高台で作成しています。

この酒吞は転がしても直ぐ元の通りに立ち上ります。
起き上がりこぼしの愛嬌を備えています。

ご子息・金重晃介先生に鑑定及び箱書を依頼しました。