川合玉堂〈偶庵) 残雪

色紙額の大きさ 横43.1cm たて46.2cm

¥100,000(税込)

「皺〈しわ)ふかく 雪は残れど 信濃なる
   ここしき峰も 春となりけり 偶庵」

昭和15年に文化勲章を授賞した川合玉堂画伯は
その晩年に偶庵〈ぐうあん)と号して、和歌を詠みました。

この作品は、墨を薄く背景となる山を描き、和歌を散らし書きしています。

俵屋宗達の下絵に本阿弥光悦が書をしたためた世界を彷彿します。

鑑定は子息・修二氏が記しています。