近藤悠三 不老長寿金彩盃

布に印を捺しています。
これは珍しい例です。
印は本名の雄三の「雄」の文字。

口径7.2cm 高さ3.8cm

¥270,000

人間国宝・近藤悠三先生が渾身を込めて制作した盃です。

「不」「老」「長」と外側に金泥で描き、内側に呉須で「寿」を揮毫しています。

「寿」の周囲に松・竹・梅を描き込んでいます。

生涯に亘って描き続けたものを凝縮するのにはこの大きさの盃が必要であったと想像します。