源内焼 台牛香合
たて7.0cm*7.0cm 高さ4.8cm
お値段17万円(消費税・送料を含む)
源内焼は江戸中期18世紀に香川県志度(しど)で平賀源内の指導で始められたやきものとされています。交趾焼の写しを多く残しています。
この作品は台牛香合を写したものです。
台牛香合は香合番付の関脇・東一段目に位置します。
本歌の交趾焼と見紛う如き素晴らしい作品です。
緑釉、黄釉、紫釉の三彩の発色が見事です。