清水比庵 虎

*弓手(ゆみて)とは、古語で武器を持つ手の意


清水比庵先生はご自分の孫や、親戚の子、知人に男の子供が生まれた時に節句に、このように虎の絵を描き自作の歌を添えて送っています。
これは笠岡に住む知人の宅に男の子が生まれたことを祝して揮毫して者です。

額装の大きさ 横52.6cm たて41.0cm
作品の大きさ 横30.2cm たて26.8cm

¥48,000

「ゆみてをば(弓手をば) すてしよなれど(棄てし世なれど)
いにしえに(古に) おとらぬ男の子(劣らぬ男) ここにありといわむ(此処に在りと云わん)