口径12.1cm 高さ8.6cm

¥35,000

「ありがたや ありがたや
 ただありがたや ただありがたや」


清水比庵先生は季節の歌・日常の歌など様々な題材をうたにしています。
この茶碗を焼成した南山坊窯の金田盛太郎氏に宛てた書簡の中で、「この歌は私の歌の中で傑作です。幸福の道はこれです。」と記しています。

鼠志野風に制作されています。
釘彫りで歌を彫った後に、白土を象嵌にしています。

清水比庵 茶碗(ありがたや)