清水比庵 松

掛軸の大きさ 縦196.8㎝ 横45.1㎝
作品の大きさ 縦134.3㎝ 横33.5㎝
¥78,000
清水比庵先生は80歳を迎える頃から、
紅(くれない)に拘るようになります。
この作品は紅の紙に力強くうねる松を
一杯に描いています。
更に、緑青(ろくしょう)と群青(ぐんじょう)
で松葉を加えています。
実際にこれに近い松が笠岡の城山登り道に在りました。現在は松喰い虫に害されて伐採されていて在りません。
海風に耐えて大蛇がうねるような姿でした。
「みんなみの 山のまろきに 立つ雲の 朝た夕べに 楽しみ余りあり
七十九」