金重陶陽 備前徳利

高さ16.8cm 胴径9.3cm


人間国宝・金重陶陽先生の制作した鶴首徳利。

口辺部から胴、胴から畳付きにかけての流れるような稜線が優雅なカーブを描いています。

底は「蛇の目高台」で「ト」の陶印が在ります。

 展覧会 「The 備前」は全国を巡回しています。

  ポスター掲載の作品は古備前銘「としわすれ」