金重素山 伊部茶器

口径7.0*6.6㎝ 高さ6.6㎝ 
¥170,000
金重素山先生が晩年に備前市伊部に移り住み窯を築いて制作した作品です。
胴締めの線で、全体をきりりと引き締めています。
半面に黄胡麻が厚く掛かり見込みにも降り注いでいます。
碁笥底高台の中に陶印を力強く記しています。
酒呑としても楽しめる逸品です。