干塩手茶碗(益田家伝来)

口径14.2cm 高さ5.4cm

益田家伝来 銘「茜映」

銘の如く、茜(あかね)色が映える深みのある茶碗です。

益田鈍翁氏はこの茶碗で茶を手にどのような想いを巡らせたのか 想像するとわくわくして来ます。

道具は時を超えて、人を結びます。

碧雲臺(へきうんだい)張紙
真塗箱裏に在ります