内海羊石画 犬養毅賛 山水画

内海羊石に関する紹介文

掛軸の大きさ 横47.5p たて210p
作品の大きさ 横33.8p たて136p
¥100,000
画を描いた内海羊石は熊本の人 硯の彫刻・竹茶量の彫刻に優れた作品を残しています。
参を施した犬養木堂(毅)は岡山の人 総理大臣を務めた政治家。
この二人と交友のあった榊原鐵研に依る鑑定箱書が記されています。

内海羊石は画家ではなく、犬養毅は書家ではありません。されど、持ち前の教養から表現されたものは文人の極みです。

箱の中には下記の如く、内海羊石の業績を紹介する文章が添えられています。