古備前 葉茶壺

高さ37.1cm 胴径34.2cm

桃山時代 15世紀

茶の湯がステータス・シンボルになった時代の
床の間を飾った備前焼の華です。

呂宗(ルソン)貿易でもたらされた四耳壺を葉茶壺として茶ノ湯者や戦国大名の垂涎の的とされた時代に、国焼の備前火襷葉茶壺はその美しさから好評を博しました。

底板を据え紐造りで丁寧に制作されたこの葉茶壺は500年以上の時を超えて輝いています。