豊池美術店/森陶岳 近藤悠三 金重陶陽 小野竹喬 清水比庵他 古備前 高麗茶碗 文房四宝など古美術をご紹介する骨董屋

ブログ ギャラリー1 ギャラリー2 近藤悠三の世界 森陶岳の世界
ギャラリー 森陶岳 MORI TOGAKU の世界
森陶岳 備前面取向付五客 森陶岳 備前茶碗 森陶岳 備前火襷茶碗
 森陶岳
備前面取向付五客
森陶岳 皿
火襷 備前半地下式登窯
森陶岳 備前茶碗
平成六年寒風大窯
森陶岳 備前火襷茶碗
森陶岳 備前扇面板皿
森陶岳窯変花入 森陶岳 鶴首
昭和41年備前登り窯

森陶岳 備前扇面板皿
寒風大窯・初窯
森陶岳 丸鉢
       
森陶岳
相生大窯 大皿
 
森陶岳
備前花生(四方) 
森陶岳
ジョッキ 昭和62年
 
森陶岳 鉢(擂鉢) 
森陶岳 先生のご紹介
略歴
1937年(昭和12年)岡山県備前市にて、窯元備前六姓森家に生れる。
1959年(昭和34年)岡山大学教育学部特設美術科卒業
同年より三年間、兵庫県にて中学の美術教師を3年間務める。
この間に陶芸の道に強く引かれ教職を辞して備前市伊部の実家にて陶芸の道を歩みだす。
1969年(昭和44年)東京交通会館内ギャラリー手にて、伝説の三人展(加守田章二・江崎一生・森陶岳)を
三年間に亘り開催し高い評価を得る。
1980年(昭和55年)兵庫県相生市内の山中に半地下直炎式登り窯(全長46メートル)を初窯出
1985年(昭和60年)岡山県邑久郡牛窓町寒風(現・瀬戸内市牛窓町寒風)に移り、全長53メートルの「寒風大窯」(さぶかぜおおがま)初窯出。
1997年から「寒風新大窯」(全長85メートル・幅6メートル・高さ3メートル)の築窯に着手。
2015年「寒風新大窯」初窯出の予定。
  受賞歴等
 
  • 1969年に日本陶磁協会賞を受賞。
  • 1969、1970、1971年に、東京で「三人展」(江崎一生、加守田章二、森陶岳)を開催。同展出品の備前広口砂壷が東京国立近代美術館の買い上げになった。 1996年に山陽新聞社賞(文化功労)受賞。
  • 1999年9月から2000年4月まで「古備前を超えて 森陶岳展」(朝日新聞社主催)の巡回展が東京、大阪、京都、広島、奈良で開かれた。
  • 2002年に日本陶磁協会賞の金賞受賞。2005年に文化庁長官表彰、2006年に紫綬褒章、福武文化賞、岡山県三木記念賞を受賞。
森陶岳 先生に関しての豊池美術店のブログ
森陶岳

2014年1月4日寒風森陶岳宅にて一門の恒例の仕事始め式のスナップ